肘の痛み!知っておくべき5つの症状

一度で痛めたケガはもちろんのこと、使いすぎによる炎症であっても組織が損傷していることに変わりはないのです。

今回は肘関節の痛み、気をつけなければならない重要なことについて。

スポーツをする方、必見です!

力仕事
ボールの投げ過ぎ
転倒

痛みの原因は様々であり、その症状も多岐に渡ります。

しかし、全てに共通しているただ一つのこと。

それは、大なり小なり「組織が傷ついている」という事実でしょう。

使い過ぎによる微細な損傷であれ、一度で起こる大きな損傷であれ、組織からすればどれも同じこと。傷ついた組織が修復するには例外なく同じ手順を踏むのです。

つまり、組織の修復のためにはまず「患部の安静」を第一優先としなければいけません。いくら医学が進歩しようとも、科学が発達しようとも、この事実は変化しない原理原則です。

治療(治す)というのはこの現実を理解した上で、いかに患部にとって最良の環境を作ってあげるかどうかにかかっています。

ちょっとわかり難いですね。(^_^;)

要は、トレーニングやストレッチングなんぞをする前に、必ず一定期間の「患部の安静」が必要だということです。

今回はスポーツ障害で多い「肘の痛み」をテーマに本当の意味での「治す」ということをお伝えしたいと思います。

是非、最後まで読んでくださいね。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

物を掴んだり、手首をひねった時に、肘の外側が痛みませんか?
それは、上腕骨外側上顆炎(通称テニス肘)である可能性が考えられます。

この「テニス肘」、治すには非常に苦労するのです。
なぜかって?

それは・・・

痛みがなかなか引かない人の為に是非とも知って欲しい、テニス肘の対処法と注意点についてお伝えします。

(テニス肘について詳しくはこちらから)

 

野球肘(離断性骨軟骨炎、骨端線離開)

野球をしている少年、一度は肘の痛みで悩まされたことがあるのではないでしょうか?

フォームが悪いから、バランスが悪いから、筋力がないから・・・
今まで色々な事を言われてきたのではないですか?

もちろん、それらの要因もあるのでしょう。しかし、最も基本的な事を直さなければ、繰り返し痛めてしまいます。
フォーム指導、筋力強化の前に知っておくべき2つのことについてお伝えします。

(野球肘について詳しくはこちらから)

(「MLBガイドラインから学ぶ年齢別投球数制限について」詳しくはこちらから)

(「股関節の可動域を改善!」について詳しくはこちらから)

 

靱帯の損傷(内側側副靱帯損傷)

スキー
スノーボード
自転車での転倒

転んで手をついた際によく起こる肘の靱帯損傷。

放っておくと、様々な後遺症に悩まされることになります。

一生後悔しないためにも、肘の靱帯損傷治療における注意点とリスクについてお伝えします。

(肘の靱帯損傷について詳しくはこちらから)

 

子供の肘の骨折

肘周りの骨折は様々な形態があります。
今回はその中で、病院でも見落とされやすい子供の肘の骨折についてお伝えしますね。

あなたの大切なお子さんに後遺症を残さない為、知って欲しい3つの骨折についてお伝えします。

(子供の肘の骨折について詳しくはこちらから)

 

肘内障(ちゅうないしょう)

「子供の肘が抜けた」、「肩が外れた」と来院する人のほとんどはこの肘内障という病態です。

肘内障は徒手的に元に戻せばすぐに治るのですが、たかが肘内障と思い、骨折を見逃すことだってあるのです。
今回は肘内障に特徴的な症状とそのメカニズムを解説します。

育児中のママさん、必見です!

(肘内障について詳しくはこちらから)

(肘内障の治し方について詳しくはこちらから)

さいごに・・・

今回は肘のケガについて、注意すべきポイントを書きました。
もちろん、これ以外にも大切なことは沢山あります。
しかし、それは専門性が高く複雑になり、本当に伝えたいことが伝わらないのではと思い、いくつかピックアップしてお届けしたつもりです。

今回の記事が少しでも、皆さんのお役に立てれば幸いです。

それでは、また。

 

時間がないあなたの悩み、すぐにお答えします。

忙しくて、病院に行く時間がない・・・
痛みの原因がわからなく不安だ・・・
何か自分でできる対処法を教えてほしい・・・

専門家の立場から、あなたの悩みにすぐにお答えします。


無料相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください