なかなか治らない手首の痛み!その解消法とは・・・

手首の痛み。なかなか良くならないと我慢していませんか?

そんなあなたに読んでいただきたい、痛みを解消するために最も重要なことをお伝えします。

その方法は誰でもできる単純なこと。そして、最も確実な方法なのです。

その方法とは・・・

結論から言いますね。

その方法とは、「原因となる動きをしない」事です。

拍子抜けしましたか?当たり前じゃないかと思いましたか?

では、質問です。

原因となる動きとは具体的にどのような動きだと思いますか?

この質問に即座に答えられるのであれば、これ以上お読みいただいても時間の無駄になってしまいます。
しかし、答えに躓くようでしたら是非読んでみてくださいね。

手首の痛みを解消する方法

「原因となる動き」を説明する前に、まずその痛みがどのように起きているのかを知る必要がありますよね?
だって、原因がわからなければ具体的な対策などたてられないですから・・・

ということで、手首の痛みで代表される5つの疾患をピックアップして、その原因と対処法を一つずつ解説しでもいきます。

ド・ケルバン氏病

手首の腱鞘炎と言えば、これが一番おおいのではないでしょうか。

ただ、この腱鞘炎になる方にはある共通した2つの特徴があるのです

(ド・ケルバン氏病について詳しくはこちらから)

CM関節炎

これも多い疾患ですね。ただし、50歳代以降に起こる事が多く、関節の変形を伴う事がほとんどです。

炎症を抑えるためには、気をつけなければならないことがあるのです。

(CM関節炎について詳しくはこちらから

インターセクションシンドローム

上の2つほどではないものの、まれに起きる腱鞘炎です。

この腱鞘炎はこんな症状がでるんです。

(インターセクションシンドロームについて詳しくはこちらから)

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷

重い荷物を持ち上げるような人に起きやすい疾患。一度の外傷でもなりますが、繰り返しの動作でも痛むんです。

(TFCC損傷について詳しくはこちらから)

ガングリオン

かなにやら「ガンダム」に出てきそうな名前ですね。

実は手首によくできる良性の嚢胞なんです。放っておいても害はないんですが、関節に挟まったりぶつかったりすると痛むことがあります。

手首がポコッと膨れてきたらガングリオンの可能性が高いですよ。

(ガングリオンについて詳しくはこちらから)

 骨折

骨折と聞くとすごく大げさに聞こえるかもしれませんが、手首の骨折って実はすごく多いんです。特に子供は骨が折れやすいこと知っていましたか?

よくある手首の骨折!その判断とは・・・

(子供の手首の骨折について、詳しくはこちらから)

(骨端線損傷について、詳しくはこちらから)

さいごに・・・

この他にもケガの後遺症として出てくる痛みや、リウマチを代表とする膠原病が原因のもの、感染などによる痛みなどその種類は様々です。しかし、今回解説した痛みは代表的な疾患であり誰にでも起こる可能性があるものです。

読んでいただければわかるように、原因が違えばその対処法も異なるのです。

もし、こんな時はどうしたらいいのだろうと疑問のある方は、遠慮なく下記のアドレスに質問くださいね。
精一杯お答えさせて頂きます。

正しい判断と正しい対処法をして、あなたの痛みが一日でも早く良くなることを願っております。

それでは、また。

時間がないあなたの悩み、すぐにお答えします。

忙しくて、病院に行く時間がない・・・
痛みの原因がわからなく不安だ・・・
何か自分でできる対処法を教えてほしい・・・

専門家の立場から、あなたの悩みにすぐにお答えします。


無料相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください