指先を傷めるとなぜズキズキと痛むのか?

ドアに挟んだり、物に押しつぶされたりと指先を傷めるとすごく痛みますよね。

骨が折れてしまったのではないか?と、思うくらいズキズキするものです。

しかし、痛みの割に骨折していることが少ないって知っていましたか?

もちろん痛めた程度にもよりますが、指先がズキズキと痛むのって理由があるのです。

指先を傷めると・・・

指先を挟んで傷めると、痛めた組織から出血します。

しかし、出血する所が爪の下だとズキズキといても立ってもいられない痛みに襲われることがあるのです。

それが、爪下血腫(そうかけっしゅ)なのです。

爪下血腫

下の図を見てもらえばわかるとおり、爪の下のスペースに出血するとその圧力は逃げる場所がありません。

だからこの部位に出血が起こると、組織の内圧が非常に高くなって神経を興奮させ、ズキズキとした痛みを感じるようになるのです。

上の図は指先の断面図です。

ここに出血すると、じっと寝てられない程の痛みに変わる事が多いのです。

だから、たとえ骨折していなくても痛みを強く感じることがあります。

意外とこの部分は爪があるため、他の組織と比べて骨折しにくいとも言われています。

ただ、強い外力が加われば骨が折れる事もありますので注意が必要です。

しかしながら、強い外力が加わった場合は皮膚の外に血が溢れる事が多いので、意外とここの圧力が高くならずに、ズキズキとした痛みが出ないことが多いようです。

爪下血腫になったら

痛みが我慢できるのであれば、そのままでもやがて治ります。

しかし、じっとしていられない程のズキズキとした痛みが出ているのであれば、わざと出血させて中の圧力を逃がしてあげる方法があるのです。

もちろん、病院でやってもらった方が良いのですが、おおよそのやり方は、注射器か熱した針金の先で爪に穴をあけるやり方が一般的的です。(

聞いただけでも痛そうですね・・・(^_^;)

でも、爪の下の血が外に出て、圧力が下がるとズキズキとした痛みが無くなりますので、やった方が楽なのです。

ちなみにこの手の痛みには、痛み止めはほとんど聞きませんのでご注意くださいね。

もし、指先を痛めてズキズキとしたら爪下血腫かもしれませんので、すぐに病院で処置してもらいましょうね。

放っておくと、痛みが強くなる前に早めの処置が肝心です。

それでは、また。

時間がないあなたの悩み、すぐにお答えします。

忙しくて、病院に行く時間がない・・・
痛みの原因がわからなく不安だ・・・
何か自分でできる対処法を教えてほしい・・・

専門家の立場から、あなたの悩みにすぐにお答えします。


無料相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください