突き指!親指の付け根を痛めてしまった時のテーピング法

今回は親指の付け根の関節、特に手のひら側を痛めてしまった時のテーピング法です。

特別な材料がなくてもできるテーピング法をご紹介しましょう!

親指の付け根を痛めた時

親指のここを痛めてしまったら、「指が反らない」ように固定するのが基本です。

この部分には指が背側に行かないようにするための大切な組織があるのです。

親指が反らされる方向に強制されたときは、必ず手のひら側の組織を痛めます。

ここには掌側板(しょうそくばん)といって、指が脱臼しないように制限している軟骨様の組織があるのです。

ここを痛めてしまった時には、親指が反らされ過ぎないように固定してあげる事が大切です。

それでは、親指が反らないように制限するテーピング!

ご紹介しますね。

1、アンカーテープを貼る

2、手のひら側にテープを縦に貼る

この時、親指の付け根の関節はやや曲げておくのがポイントです。

(反らされない方向に制限するためには少し曲げておくのが大切です)

3、背側から掌側に向かうように斜めに貼る

反対側も同じように貼りましょう!

4、テープが剥がれないように指先を一周

5、テープが剥がれないように指の付け根も一周

6、掌の付け根から背側に向かって一周

テープの貼り終わりはこのようになります。

7、テープがとれないように親指の付け根を巻く

反対側はこのように貼ります。

貼り終わりはこんな感じです。

8、最後に親指が反らないか確認

曲がる方にはある程度ゆとりがあることも確認しましょう!

(曲げられないとすごく不便なので)

どうでしたか?

貼り方が複雑のように見えますが、なれればそんなに難しくありません。

親指の付け根を痛めた方は試してみて下さいね。

あ!っと、言い忘れました。

これで治るわけではないので、必ず損傷の程度は専門家に診てもらいましょう。

あくまで、やむ負えないときの固定処置ですからね。

お忘れなく!

時間がないあなたの悩み、すぐにお答えします。

忙しくて、病院に行く時間がない・・・
痛みの原因がわからなく不安だ・・・
何か自分でできる対処法を教えてほしい・・・

専門家の立場から、あなたの悩みにすぐにお答えします。


無料相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください