子供が足首を捻ったときに知っておくべき『7つの疾患』

子供の足の捻挫

今回は大切なお話です。

子供が足首を捻った時に知っておきべき『7つの疾患』についてお伝えします。

大切なわが子の将来、足の後遺症に悩まされないよう、正しい知識を身に着けておきましょう!

ケガは治せる期間が決まっています。手遅れになるその前に・・・

その足の痛み、最も痛む場所はどこですか?

ケガをした部位別に、その対処法と予後をご説明いたします。

痛む場所

軽く押してみて、最も痛がる部分はどこですか?

これから図で示す部分が腫れて痛むのであれば、各項目をよく読んで下さいね。

 

 

1、前距腓靭帯損傷(腓骨の裂離骨折)

(詳しくはこちらから)

 

2、腓骨骨端線離開

(詳しくはこちらから)

 

3、前脛腓靭帯損傷

(詳しくはこちらから)

 

4、二分靭帯損傷

(詳しくはこちらから)

 

5、第五中足骨基部の骨折

(詳しくはこちらから)

 

6、リスフラン靭帯損傷

(詳しくはこちらから)

 

7、三角靭帯損傷

(詳しくはこちらから)

 

 

さて、どれに当てはまりましたか?

ケガは初期処置が何より大切です。

放置はせずに、必ず専門家に診てもいましょうね!

 

それでは、また。

時間がないあなたの悩み、すぐにお答えします。

忙しくて、病院に行く時間がない・・・
痛みの原因がわからなく不安だ・・・
何か自分でできる対処法を教えてほしい・・・

専門家の立場から、あなたの悩みにすぐにお答えします。


無料相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください