足底腱膜炎のテーピング法

足底腱膜炎のテーピング法

今回はズバリ、足底腱膜炎に悩んでいる方のために、痛みを軽減させるテーピング法を紹介します。

誰でもできる簡単な方法・・・試す価値はありですよ!

 

痛みを軽減させるテーピング

それではさっそく参りましょう!

 

0.用意するもの

キネシオテープ(伸縮テープ)50mm

ホワイトテープ(非伸縮テープ)38mm

を薬局などで購入して下さい。

だいたいどの店でも手に入りますので、探してみて下さいね。

 

1.下図のように、キネシオテープ(伸縮テープ)を足の横にぐるりと半周貼りましょう。

これは皮膚を保護するためのアンカーテープです。

テープの端というのは皮膚に一番ストレスをかけるって知っていましたか?

だから、テーピングをする際には、このアンカーテープを必ず貼って下さいね。

 

 

 

 

2.次に、ホワイトテープ(非伸縮テープ)を横に半分ずつ重ねて貼って行きましょう。

この時、横のアーチを形成するように少し足を横から挟みながら引っ張るように貼るのがポイントです。

 

 

 

 

 

3.半分ずつ重ねて一通りホワイトテープを貼り終えたら、さらにもう一層重ねて貼って行きます。

次に、ホワイトテープが剥がれないように、ホワイトテープの端をキネシオテープでとめましょう。

下図のように半周貼ります。

 

 

 

 

4.足指の付け根あたりでキネシオテープを一周貼ります。

足の甲側の皮膚は非常に弱く、かぶれやすいので、決して引っ張らないように貼って下さいね。

また、下図のように足の指の関節が曲がるところにはテープが被らないようにしましょう。

ここにテープが被ると、足をついた時に非常にきつく感じます。(青矢印のライン)

長く歩いていると痛くなりますので注意して下さいね。

キネシオテープを張る範囲は、足の腱にかからない所までです。

ここもテープが食い込むと腱鞘炎を起こしてしまうので、注意して下さいね。(指先に浮き出ている腱)

 

 

 

 

5.さいごに、ホワイトテープで横アーチを保持するようにピッタリと貼れば、出来上がりです!

 

 

どうですか、参考になりましたでしょうか?

 

これなら、かさばらないので、靴もスムーズに履けますよ。

足底腱膜でお悩みの方は、一度お試しアレ!

 

 

それでは、また。

 

時間がないあなたの悩み、すぐにお答えします。

忙しくて、病院に行く時間がない・・・
痛みの原因がわからなく不安だ・・・
何か自分でできる対処法を教えてほしい・・・

専門家の立場から、あなたの悩みにすぐにお答えします。


無料相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください