腰痛ヘルニア患者が明かす!私が痛みを解消した方法(3)(最終回)

腰椎椎間板ヘルニアを克服!

今日は最終回。

「私がヘルニアを克服するために行った、誰でも簡単にできる運動療法!」

腰痛には腹筋がいいって言われたから、やってみたんだけど、なんか翌朝かえって痛くなっちゃって・・・。

あなたも、こんな経験はありませんか?

そうなんです。

運動療法は、やり方を間違えると、逆効果になることも珍しくありません。

でも、それはトレーニングが悪いのではなく、やり方が悪いだけ。

正しい知識で正しく行えば、翌朝痛みが出ることなんてないのです!

そこで今回は、私が実践した、腰を痛めない運動療法を紹介します。

腰痛ヘルニアを手術しないで治したい方に、是非とも読んで頂きたい効果実証済みの方法です。

痛みを克服するための手順(その4)

「継続的に、適切なトレーニングをする」

(前回の続きです)

ギプス固定をして約1ヶ月、腰やお尻の痛みも和らぎ、少し心に余裕が出てきた頃、私はこの経験を2度としないように腰痛に関する予防法を模索していました。

腰痛体操として代表される「ウィリアム体操」や「マッケンジー体操」・・

世の中には、その他にも数々の運動療法が考案されています。

まして、手技療法においては無数の方法が存在します。

これでは何を信じていいのか、わからないですよね。

当然、私も全てを体験したわけではありませんが、様々な手技療法や運動療法を試み、その結果を自分で体感してきました。

そして試行錯誤の末、一つの結論に達したのです。

それは・・・

①腹筋と背筋の適切なトレーニング
②股関節のストレッチング

これに勝る予防法はありません。

それでは早速、その具体的な方法についてご紹介しましょう!

誰もが簡単にすぐにできて、腰を痛めることのない安全な方法。

最大のポイントは、骨盤を動かさないで行う、そのポジショニングにありました。

さっそく、下図をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

上図のとおり、腰は必ずフラットである事が最大のポイントです。

(腰を曲げたり、反らしたりしないで行うということです。)

これさえ守れば、トレーニング後に腰が痛くなりません。

そして、この体操を一ヶ月継続できれば、あなたは必ずその効果を実感することでしょう!

さいごに・・・

誤解しないで欲しいのは、今回紹介した方法は、飛び出た椎間板ヘルニアがなくなる方法ではないということです。

おそらく、MRIの画像では何も変わらないでしょう。

しかし、今の痛みを確実に改善できる方法であることは、間違いありません。

痛みを解消して日常生活を不自由なく送れるようになるための、現実的な方法。

みなさん、是非試してみて下さいね!

 

それでは、また。

時間がないあなたの悩み、すぐにお答えします。

忙しくて、病院に行く時間がない・・・
痛みの原因がわからなく不安だ・・・
何か自分でできる対処法を教えてほしい・・・

専門家の立場から、あなたの悩みにすぐにお答えします。


無料相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください