指先の内出血!すぐに出来る対処法

指を挟んだ。
指先をぶつけた。
ズキズキ痛くてたまらない・・・

それは「爪下血腫」という爪の下に溜まった内出血が原因かも知れません。

その時あなたはどうしますか?

爪下血腫

爪下血腫(そうかけっしゅ)読んで字のごとく、爪の下に血腫が溜まった状態。ズキズキする指先の痛み、それは爪の下の内出血が原因なのです。

血腫とは皮下の組織に溜まった内出血のことで、これがひとたび爪の下に出来ると、居ても立ってもいられないほど、ズキズキとした痛みになることがあるのです。

ズキズキと痛む原因

爪の下で出血すると、指先の組織の内圧が高くなります。これが、神経を興奮させてズキズキした痛みに変わるんですね。打撲であれ、捻挫であれ、組織が壊れると内出血します。しかし、周囲の組織 には多少のゆとりがあるため内部の圧力を緩衝してくれるのです。

ケガをすると腫れますよね。これは内出血するとその容量の分だけ皮膚がポッコリと膨らんでいる状態なのです。ただし、爪の下に出血してしまうと、その圧力は指先には逃げられない、上にも硬い爪があって逃げられない、下にも硬い骨があるため逃げられないい・・・。

組織の内圧

だから、少しの出血であっても内部の圧力が異常に高くなってしまうんですね。そして、神経を刺激する。ズキズキと痛み出すのはこれが原因だったのです。
ぶつけた直後より少し時間が経ってからの方が強く痛み出すのがこのケガの特徴なのです。

すぐに出来る対処法

1.指先を冷やす

冷やすのには2つの意味合いがあります。

  1. 血管を収縮させて、出血をできるだけ少なくすること。
    ただし、この効果は受傷してからせいぜい24時間くらいまででしょう。血液が固まりにくい人以外は数分から長くても数時間で止血します。(だって、擦りむいた傷の出血もすぐに止まりますよね。分かりやすく考えるとそれと同じです。)
  2. 神経の興奮を抑えること。
    実はアイシングの目的はほとんどこれなんです。ただし、冷やし過ぎるのもかえって刺激になってしまうので、氷嚢をタオルや布巾の上から当てるか、冷水に浸すくらいの冷たさがベストです!

2.心臓より高い位置に挙げる

これは患部に対する血圧を下げるため。手を下にさげていると、心臓の拍動とともにズキズキしてくるので必ず手を心臓より高く挙げておきましょう!

3.動かさないで安静にする。

これは「言わずもがな」ですよね。
損傷した組織を動かすとそれだけ出血してしまうので、安静に徹しましょうね!
痛みでどうにも我慢できない時は、上記の応急処置をしつつ医療機関を受診して下さい。病院で爪に穴を開けて溜まった血液を出してもらうと、ずっと楽になりますよ。

「爪に穴を開ける!?」

そんな怖いこと嫌だ!と思うかも知れませんが、上手くやれば痛く無いのでご安心ください。ちなみに、どのようにやるのかというと火で炙ったクリップの先端もしくは注射の針を爪に当て、爪を溶かしながら穴を開けます。

『ジュッ』てな具合に・・・・(^_^;)

すると、穴から溜まった血液が出て内部の圧力が低くなり、異常な神経の興奮が無くなます。つまり、ズキズキした痛みが治るのです。
ちなみに、爪は神経がないので何をされても痛く無いのですが、勢い余って爪の下の組織に触れれば多少し痛むかも知れませんね。医療機関ではこの方法か、痛み止めで我慢するのか、どちらかの選択を迫られることでしょう。

穴を開けるなんて絶対にイヤ!そんなあなたへ

痛みに耐えられれば、放っておいても構いません。後遺症を残すことは基本的にないからです。ただ、ズキズキと強い痛みが出ているのなら、血を抜いてもらった方が楽なのは間違いありませんよ。一応、骨折していない事も確認しておいた方がいいので、一度は医療機関を受診しましょうね。

後遺症について

基本的な大きな後遺症を残すことはありません。ただし、爪の根元を痛めていると後から生えてくる爪が変形してしまうことがあります。爪の根元は爪を作る細胞が並んでいるので、そこを傷つけてしまうと、生えてくる爪が変形してしまうんですね。爪が伸びて生え変われば、元どおりってケースが多いのですが、まれにずっと波打った爪しか生えてこなくなることもあることも頭に入れておいて下さい。

以上、指先の内出血!すぐに出来る対処法でした。

(「指先のケガを見分ける方法」詳しくはこちらから)

(「指第一関節の痛み!後遺症を残さないために知っておくべき6つの原因」詳しくはこちらから)

時間がないあなたの悩み、すぐにお答えします。

忙しくて、病院に行く時間がない・・・
痛みの原因がわからなく不安だ・・・
何か自分でできる対処法を教えてほしい・・・

専門家の立場から、あなたの悩みにすぐにお答えします。


無料相談はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください